Ailes Grises

命を大事にしな

諏訪ななかちゃんと最近の僕 part3 諏訪ななかちゃんと伊藤かな恵ちゃんの顔は似ているのか その1

part1 http://popotan3220000.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

part2 諏訪ななかちゃんの顔 http://popotan3220000.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

不定期連載諏訪ななかちゃんと最近の僕、part3をお届けします。

otaさん

> 諏訪さんと伊藤かな恵さんって割と似てませんか?

コメントありがとうございます。せっかく貴重なコメントをいただいたことですので、今回はこの話題でいきたいと思います。

ここでいう「似てませんか?」というのは顔のことを言っていることと勝手に前提としておかせてもらっていますが、違っていたらすみません。


諏訪ななかちゃんと伊藤かな恵ちゃんの顔が似てるか似ていないかと言われれば「似ている」と思う。

ここでいう、「似ている」というのがどういうことなのかをもう少し細かく言うと、顔のパーツの配置場所や、パーツの大きさなどを写真を並べて見比べてみると似たような傾向があるように見える、となる。

ただ僕が諏訪ななかちゃんの顔を見ているときに伊藤かな恵ちゃんの顔のことを想起することがこれまであったかと言われると、それは「無い」。

これはどういうことかというと、諏訪ななかちゃんと伊藤かな恵ちゃんの顔の形状という物理的なレイヤよりもより上位のレイヤの話として、それぞれの顔から受ける「印象」とか「イメージ」とか「雰囲気」みたいなもの(これは声優顔面3階層モデルにおいて最上位層とされているイメージレイヤのことである)が、明らかに異なっている、ということだ。

物理的に見ると似ているかもしれないが、そのようなレイヤを通した結果として、僕の脳は諏訪ななかちゃんの顔を見ても伊藤かな恵ちゃんの顔を思い出すことはないということになる。


とは言え、大昔に伊藤かな恵ちゃんのファンとして声優ファンデビューしてしまったのは事実であって、諏訪ななかちゃんみたいな顔が好きなのは結局伊藤かな恵ちゃんみたいな顔が好きってことなんでしょ、と言われると、それは100%ノーとも言い切れない。

実際あの主張控えめな大きさと、奥二重気味でパッチリしすぎない存在感と、小動物的な形状の、美少女美少女しすぎない(美少女美少女しているって何?)目は共通しているし、たまにアヒルみたいに尖った口(かなりかわいい)になるのとかも似ているし、歯並びが綺麗な所も似ている。

なので、こういう風に冷静に考えて比較してみると似ているところはいろいろと見つかるので、ああいうタイプの顔が好き「なんだろうな」と思う。

というのもやはり、諏訪ななかちゃんの顔を見ているときに伊藤かな恵ちゃんの顔を全く想起しないという事実がある以上、少なくとも「伊藤かな恵ちゃんみたいな顔として」諏訪ななかちゃんの顔が良いと思っているとは言えないと思うからだ(むしろ別の契機で伊藤かな恵ちゃんを感じる瞬間はある)。


物理レイヤの話でまだ触れていない話がある。これはかなり重要だと思っているのだが、二人の顔を比べた時、致命的に異なっている部分がある。

致命的とは一体どういう意味なのか。それはさておき、何のことかと言うと顔の輪郭だ。

一度見比べてほしいのだが、かなり異なっている。

諏訪ななかちゃんは肉付きの薄い、鋭角的な形をしており、伊藤かな恵ちゃんはまるっとした子供のような、ふくよかな形をしている(どっちもかわいいとは思う)。

これらの特徴は最終的にオタクが声優の顔面から受けるイメージ、つまり物理レイヤより上位にあるイメージレイヤ(ちなみに声優顔面3階層モデルのもう一つは物理レイヤとイメージレイヤの中間に位置するファンクションレイヤである)に無視できない影響を与えていると思う。

確かに十分似ていると言えるレベルで二人の顔の作りは似通っているとは思うが、何から何までそっくりというわけではないということだ。


そして最後に、わざわざ言及するまでもないはずのことだが、眉間のほくろ。

これがあるからこそ伊藤かな恵ちゃんの顔であるということ。

これがなければ伊藤かな恵ちゃんの顔などでは断じて百億パーセントありえないということ。

どうしてもこれだけは言っておきたかった。


今、ようやく物理レイヤの話を終えた所だ。

まだファンクションレイヤとそれに影響された結果として全く別物になるそれぞれのイメージレイヤの話が残っているが、長くなりすぎるのと、そろそろ書いていて疲れてきたので、今回はここで一旦締めとしたい。

続きの記事も近いうちに書く予定なので、お楽しみに。