Ailes Grises

命を大事にしな

正しく服用して何か異常があればご連絡ください

何年間もずっと歯の痛みと、それに伴う(かどうかはわからないけどだいたい併発している)頭痛にずっと苦しめられてきた。

苦しめられてきたと言っても、生活がままならないと言うほどではなく、あーいてえなー、あー、とか言いながらも普通に仕事できるくらいのやつだ。

だからこそ何年も放置されてきたと言える。しかしこの痛みがじわじわと自分の人生全体の活力みたいなものにデバフをかけまくっているような気が最近してきていて、多分それは事実で、結構取り返しのつかないような規模で自分の行動力みたいなものに制限がかけられ続けていると思っていて(それでも執念だけで何とか続けられたのが声優オタクと格ゲーだった)、もういい加減これ何とかせなあかんとなり、これまで数年に1回のペースで激痛が来て歯医者にかかり治療途中で行くのがだるくなって放置というのを繰り返していたがもう流石にそこから脱出して、全ての歯を完全に治療し、常に歯を綺麗にメンテナンスし続ける覚悟が出来た。

1文を短く書くというのをいつも心がけてブログを書いているのだが、ちょっと上の文章はひどすぎる。どこで切るべきだったのだろうか。誰かコメントしてほしい。

で、昨日歯医者に行って、もうどうにもならない左の奥から2番目の歯を抜いてもらいに行ってきた。先々週歯を見てもらった医者と相談した結果だ。

しかし改めて歯の状態を見てもらうと、左の一番奥の親知らずもかなり虫歯が進行しており治療するにしても残せるか怪しい、かつ上の歯が無いので噛み合わさらず存在している意味がない、単純に日々のメンテナンスも面倒、というところまで医者とコミュニケーションをとって確認できたので、一緒に抜いてもらうようにお願いした。

歯を同時に2本抜いてもらうのは初めてだったが1本抜いてもらったときと大して感覚は変わらなかったので安心した。抜くのもすぐに終わったし、普段痛む箇所は確実にこの左の奥歯の2本であることはわかっていたので、まとめて消え去ってくれて精神的にもすっきりした。

体調は今も微妙なままなのだがこれは健全になるための一時的なコストだと思うことにして耐えている。

絶対この判断をしてよかったと思う日が来るだろうから。

虫歯、まじで確実に人生全体にデバフかけてるからほんとに早く治療したほうがいい。明日にでも歯医者行ったほうが良い。