Ailes Grises

命を大事にしな

鍵をかけずに会社に行き、家に帰ってくると、買ったばかりのベッドの上で見知らぬ男と声優がセックスしていた

最近よく実用書を読むようになって、バカはバカでも読める本しか読んでじゃだめだなっていうことに気づいた。

何書いてあるのか理解できていないのはもちろんとして、書いてあることをそのまま信じ込んでしまったり、逆に全否定したり、特に実用書はそうだと思うけど、自分の目的に沿った内容かどうかの判断、期待したものは書いてあるか、どこを読むべきか、読まなくていいか、どこまで信用するか、などを考慮して読めないのであれば読むべきじゃないと思う。

ただなんとなく書いて有ること読んでへーそうなんだ、たしかにそんな気もするわ-、みたいな、ただ読むためだけに読むっていうのも実用書だと良くないし。

読むことで逆に悪い影響がでたりとかいうのも最悪ありうると思うし。

まあ俺みたいなのには中学生が好みそうな鬱アニメがお似合いってことですわ。