Ailes Grises

命を大事にしな

がっかりしたかい小僧の僕 マイケルにはなれなかった

最近古めのJ-POPをよく聴いていて、今日はポルノグラフィティを聴いていたんだけど、かなり久しぶりに「幸せについて本気出して考えてみた」を聴いたらなんか歌詞がグサグサ刺さってえっこんな曲だったっけってなった。

この曲がリリースされた2002年は、正直2002年に何が起きたかなんか何一つ覚えてないんだけど、俺が中2くらいだったのは間違いなくて、その頃は熊本とかいうど田舎に住んでいて、毎週毎週家から自転車で30分位のところにあるツタヤにJ-POPとかジェイラップ(笑)とかのCDを借りまくってはMDに好きな曲を好きな順でダビングして登校とか塾に行くときとかに聴きまくっていた。

いやそんなことはどうでもいいのか。とにかく中2だったその時聴いたこの曲はなんかダセー曲だなくらいにしか思わなくてそれまでのポルノの曲に比べたら全然パッとしないという印象だった。

なのに今聞いたら、まあ、綺麗事だよなとは思いつつ、お前の言うこともわかるよ、とか、幸せについて答え合わせしても多分俺とお前では回答は違うよとか、幸せに対して失礼だったみたいっていうその態度はすごい見習いたいし俺も丁寧に感じて拾って集めるようにするわとかお前は幸せの種を手に入れたのか、俺は手に入れてないよとかいろいろなことを思う。

僕がかつて小僧の頃という歌い出しの時点で、中2小僧が聴いてもしょうがない曲だったのかもしれない。小僧の時点でこの曲の言わんとしていることがわかっていたら。いやそんなことがわかる小僧なんて恐ろしいし気持ち悪いよ。それが人の一生というものだよ。

いや精神年齢的には今も小僧みたいなものだとは思うけど。

そんなことより伊藤かな恵さん31歳のお誕生日おめでとうございます。あとアニメしゅごキャラ!放送開始から10周年おめでとうございます。絵でも描いておけばよかった。ごめん。